かさばるのが悩ましい! セーターの上手なたたみ方をチェックしよう

着たときにぽかぽかと温かいセーターは、冬の必需品といえます。

しかし、セーターは厚みがあるため、タンスにしまうときにかさばってしまいがちなのが悩ましいですよね。
セーターの収納方法を間違えると、かさばるだけでなくシワや伸びの原因になってしまうこともあるので気をつけたいものです。
そこで今回は、セーターの上手なたたみ方や収納方法を紹介します。

セーターの基本的なたたみ方をチェック!

セーターは型崩れやシワが起きやすいデリケートなアイテムなので、正しくたたんで収納したいですね。
まずはセーターを、背中側が上になるようにして広げましょう。この状態で、両方の袖を内側に折っていきます。
このとき、袖が重なるように折り込むとたたんだときに厚みが出てしまうので、重ならないようコンパクトに折りたたんでいきましょう。
袖を折ったあとには身頃をさらに内側に折り込みます。最後に、裾と首元の部分を折り合わせるようにしてたためばOKです。
お店のディスプレイのように綺麗にたたんでから片付ければ、セーターをコンパクトに片付けられる上、傷みを防いで長持ちさせることもできます。

セーターを「巻く」というたたみ方もある

セーターの袖と身頃をたたんだあとに、裾からクルクルと巻いていくたたみ方もあります。
ただし、セーターを巻いてたたむときに引っ張ってきつく巻くとダメージが起きやすくなります。ふんわりと柔らかく巻くのが、上手なたたみ方のポイントです。
巻いたセーターは、タンスの引き出しに並べたり立てたりして片付けるとよいでしょう。
引き出しの高さに合わせて上手にたたみ、収納してみてくださいね。

セーターを上手にたたむためのポイント

セーターをたたむことに慣れていない方は、広いスペースを使ってたたむのがおすすめです。
基本のたたみ方に慣れてくれば、スペースが無くてもショップ店員のようにサッと綺麗にセーターをたためるようになりますよ。
セーターをたたむときには、軽く押さえるようにして空気を追い出しながらたたんでいきましょう。
こうすることで、たたんだセーターをコンパクトに収納できます。
ただし、力を入れすぎたりこすったりするとセーターが傷みやすくなるので、優しく空気を抜くようにしてみてくださいね。

セーターはどうやって収納すべき?

 


セーターはどうやって収納すべき?

 

セーターはたたまずにハンガーに吊るという方法もあります。しかし、ハンガーでセーターを長期保管すると肩口が伸びてしまうこともあるので気をつけましょう。
セーターをハンガーに吊るすのは短期間にとどめ、基本的にはたたんで片付けるのがおすすめです。
たたんだセーターがタンスの中で崩れるのを防ぎたい方は、100円ショップの収納ボックスやブックエンドをタンスに入れて、セーターを上手に支えてみましょう。

セーターを丁寧にたたんでタンスに収納すれば見た目も綺麗になり、快適に使えます。
大切なセーターを長く愛用するためにも、ぜひ正しいたたみ方をマスターしておきたいですね。
冬の必需品であるセーターを上手に収納するテクニックをマスターしておけば、心おきなく冬のオシャレを楽しめますよ。