使いやすくて見た目もオシャレ! 食器棚の素敵な収納テクを大公開!

食器は毎日使うものなので、出し入れをするうちに食器棚がゴチャゴチャと散らかってしまうこともありますよね。

しかし、食器棚の中が雑然としていると使いにくいですし、見た目も悪くなってしまいます。
食器棚はいつでも綺麗に整頓しておき、快適に使いたいものです。
そこで今回は、スッキリとオシャレに食器を収納するためのテクニックを紹介していきます。

食器棚の収納テク1:食器の使用頻度で分ける

普段あまり使わない食器を棚の手前に配置すると、使いたい食器をすぐに出すことができません。
よく使用する食器は、取り出しやすい場所に配置しておくのが便利です。
食器棚の高い位置や奥など出し入れしにくいと感じるスペースには、あまり使わないけれど処分したくない食器をしまっておくとよいでしょう。

食器棚の収納テク2:「見せる収納」を意識する

急な来客があったときに、食器棚が雑然としている様子を見られてしまうのは少し恥ずかしいですよね。
食器棚の中をお店のディスプレイのように綺麗に整頓しておけば、自信を持ってお客様を招くことができます。
ポイントは、見せる収納を意識することです。
オシャレな食器を種類別や色別に分けて綺麗に並べたり、マグカップとソーサーをセットで片付けたりすれば、上手にディスプレイできますよ。

食器棚の収納テク3:棚に統一感を出す

食器全体のカラーやデザインに統一感があると、食器棚の見た目もスッキリと整います。

逆に、和食器と洋食器、濃い色と薄い色といった雰囲気の違う食器が雑然と入れられている食器棚はゴチャゴチャした印象になります。
食器棚には白い食器のみを入れ、色のついた食器は引き出しにしまうといった分類をするのも1つの方法です。

食器棚の収納テク4:収納ボックスを活用する

食器棚の中がゴチャゴチャとしているのなら、カゴやボックス、ワイヤーバスケットなどを食器収納に使ってみましょう。
綺麗に仕分けできますよ。マグカップや小皿、お客様用の食器をまとめてカゴやバスケット、100均のボックスに入れておけば、使いたいときにまとめて取り出すことができます。
スタイリッシュな食器棚にはおしゃれなボックスを、ナチュラルな棚には素朴な雰囲気のカゴをセットするなど、雰囲気に合わせて収納グッズをチョイスしてみましょう。

食器棚の収納テク5:食器を増やしすぎない

さまざまな工夫をすれば、食器棚にはたくさんの食器を収納できます。しかし、収納できる食器の数には限りがあります。食器を大量に詰め込むと見た目もイマイチですし、食器が割れてしまう危険性も高まります。
食器は無計画に増やすのではなく、新しいものを1枚買ったら古いものを1枚手放すのがおすすめです。
食器の量が適切ならば、食器棚の中は自然と片付きやすくなるものです。

 


冬のベッドの寒さ対策4:床からの冷気を防ぐ

 

少しの工夫で、食器棚の中は見違えるように綺麗になります。
食器棚が片付いていれば毎日お皿をストレスなく使えますし、キッチンも華やいで見えるものですよ。
収納グッズを使ったり、思い切って断舎離したりしながら、上手に食器棚を整頓していきましょう。