見せる収納でスッキリオシャレ。クローゼットがない部屋の洋服収納術
一人暮らし用のアパートやマンションの場合、洋服を収納するためのクローゼットがない部屋も珍しくありません。
クローゼットがないと、洋服などが部屋の中に散乱しがちですが、ちょっとした工夫をプラスすることで便利でオシャレな収納スペースを確保することができます。
「見せる収納」を意識して、ショップのディスプレイのような収納スペースを作りましょう。

 

ショップ風の収納に「オープンクローゼット」を取り入れよう!

アパートやマンションなどの賃貸物件にお住みの場合は、壁や天井に穴を開けて棚やラックを取りつけることはできません。
そこでおすすめなのが、圧迫感が少ない「オープンクローゼット」を使うというもの。壁にそってオープンクローゼットを設置することで、省スペースながらもオシャレでたくさんの服を収納することができます。
重量感のあるカラーボックスを壁から1メートルほど離して置き、壁とカラーボックスの間につっぱり棒を取りつけることで簡易的なオープンクローゼットが完成します。つっぱり棒の安定性が気になる場合には、T字のつっぱり棒やハンガーラックを使うという方法もありますよ。
次に、オープンクローゼットを使ってオシャレな収納に見せるコツをチェックしましょう。

 

オープンクローゼットをオシャレに見せる収納術

・色別に分けて収納するとハイセンスな見た目に
オープンクローゼットには扉や引き出しがないため、洋服の並べ方がとても重要なポイントになります。スッキリとまとまっているように見せるためには、洋服を色別に分けるのがポイント。白系・ベージュ系・イエロー系・オレンジ系……というように色別にしてグラデーションになるように並べていくと、よりキレイにまとまります。

 

・使用するハンガーを統一する
オシャレなショップ風の収納に仕上げるためには、小物類にもポイントがあります。
洋服をラックにかけるときに使用するハンガーは、すべて統一させましょう。
部屋のインテリアや、オープンクローゼットの素材にあわせてハンガーを選ぶのがポイントです。たくさん洋服をかけたい場合には、スリムなハンガーを選ぶのがおすすめです。

 

・S字フックを利用してデニムを引っかける
デニムなどの厚いボトム類は、畳んで収納するとスペースを取ってしまいます。
省スペースでかつオシャレに収納するために、S字フックを使ったアイデア収納術に挑戦しましょう。
方法はとても簡単で、洋服をかけるラックにS字フックをかけてデニムのベルトを通す部分をS字フックに引っかけるだけ。カジュアルでオシャレな雰囲気が演出され、インテリアとしても活躍してくれます。

 

チェストをオシャレに使うのもおすすめ!

オープンクローゼットよりも手軽にオシャレな収納がしたいという方におすすめなのが、「チェスト」を使った収納方法です。
生活感が出やすいアイテムも思われがちですが、チェストの上にオシャレな布を敷いたり可愛いインテリア小物を置くことで、ショップで使われているディスプレイのような雰囲気が演出できます。
また、チェストの上にお気に入りの布やファーなどを敷き、その上にアクセサリーを置くという方法もおすすめです。観葉植物やキャンドルなどとあわせてアクセサリーを並べ、自分だけのお気に入りスペースを作りましょう。

 

見せる収納でスッキリオシャレ。クローゼットがない部屋の洋服収納術

クローゼットがないからといって、洋服の収納を諦めるのはNG!
かえってクローゼットがないほうが、オシャレでハイセンスな部屋を作ることもできるのです。自分の部屋を快適で過ごしやすい空間にするためにも、収納スペース作りにこだわってみてはいかがでしょうか。