手間なしで水道代を安く! 食器洗い時の賢い節約術
日ごろから家事で節約を心がけている方なら、食器を洗う際に使用する水の量を一度は気にしたことがあるかもしれません。実は5分間水を出したままにすると、約60リットルもの水が流れると言われています。毎日欠かすことのできない食器洗いは5分で済ませるのはなかなか難しいので、できる限り使用する水を節約したいですよね。
そこで今回は、食器洗いのときに使用する水の節約術を紹介します。

 

水を節約できる食器洗いの節約方法

手間なしで水道代を安く! 食器洗い時の賢い節約術

・食べ終わった食器を重ねない
ソースや油などの汚れがたくさん残った食後のお皿と、汚れが少ないお皿を重ねるのは避けましょう。すべてまとめて重ねると、あまり汚れていないものにまで汚れが付着し、しっかり洗わなければいけない部分が増えてしまい、使用する水の量が増えるので節約に繋がりません。

 

・汚れの軽いものから洗う
コップやパンを乗せただけの汚れが軽いお皿は先に洗い、カレーやハンバーグなどで油が多く付着したお皿は最後のほうに洗うようにしましょう。
洗う際に使用するスポンジは、常に油を含ませないよう心がけるとお皿にも油残りのないキレイな洗い上がりになります。

 

・特に油が残ったお皿はあらかじめ拭く
お皿にこってりとした油が残っている際は、あらかじめキッチンペーパーなどで拭きとり、食器洗いで使用するスポンジにできるだけ油が付かないようにします。
拭かずに洗うとスポンジにたくさんの油が付着し、何度もすすがなければお皿がきれいにならなくなり、水の節約を妨げます。

 

・溜め洗いにする
流水で食器を洗うと、どうしても使用する水の量が増えてしまいます。樽などを使用してあらかじめ水を溜め、その中に余洗いしたお皿をまとめておき、最後のすすぎだけ流水で1つひとつキレイにしましょう。
その際のポイントは水温です。溜めておくほうの水は温水にし、すすぎの水は冷水にします。そうすることで手荒れを防ぎつつ、汚れを浮かせて簡単にキレイにすることができます。

 

・食べた後すぐ洗う
食後のお皿を長時間放置すると、油やお米が乾燥して固まり、さっと洗うだけでは落とせなくなってしまいます。
面倒でも食事をした後すぐに洗うようにしましょう。

 

家事や育児、仕事などやらなければいけないことがたくさん重なり、食器洗いに時間が使えないという際は、思い切って食器洗い機を利用するという方法もあります。
食器洗い機は節水しながら複数のお皿を洗い、乾燥させることができます。
スペースや機能、コストを含めて納得のいくものであれば毎日の負担を減らすためにも、思い切って購入してしまってもいいのかもしれんません。
また、一緒に生活している家族などと家事を分担し、食器洗いをお願いするなどの工夫で乗り切れたらいいですね。