汚れが気になるけど丸洗いできない! 「布製ソファ」のお手入れ方法

毎日なにげなく座っているソファには、知らず知らずのうちに汚れが蓄積していくものです。
布製のソファにシミや黒ずみができてしまい、ガッカリした経験をした方もいるのではないでしょうか。
布製のソファは汚れやすいのですが、他の布製品のように丸洗いすることができません。
そこでこの記事では、布製のソファを上手にお手入れするコツについてご紹介いたします。

布製ソファは日常的にお手入れしよう

布製のソファに汚れが付着すると、なかなか落とすことができなくなります。
乾いた布を使ってソファ全体を軽く拭き上げるケアを日常的にしておきましょう。
粘着式クリーナーを使えば、ソファ表面のゴミや髪の毛を取り去ることができます。
また、布目のお手入れに使える柔らかいブラシを用意し、ソファをこまめにブラッシングする習慣をつけるのもおすすめですよ。

ソファに掃除機をかけるお手入れも効果的

ソファの布目には細かいホコリやチリが入り込んでしまいがちです。
また、ソファが不衛生な状態になるとダニが発生するおそれもあります。
こういった汚れを落とすためには、ソファに掃除機をかけるのが効果的です。
掃除機の吸い込み口にブラシのアタッチメントをつけ、布地を傷めないよう気をつけながら掃除機をかけていきましょう。
ソファの隙間は、溝掃除用の細いアタッチメントを掃除機に取りつけて吸っていくのが効果的です。

ソファの汚れは拭き掃除でキレイにする

ソファに液体をこぼしたり汗が付着したりすると、シミや黒ずみになってしまうこともあります。
ソファが汚れているときには、水かぬるま湯に台所用の中性洗剤を溶いて柔らかい布を浸し、軽く絞ってから汚れ部分をポンポンと叩くようにして汚れを落としていきましょう。
このとき布でゴシゴシとこするとソファの表面が毛羽立って傷んでしまうことがあるので、トントンと叩くように掃除するのがポイントです。
汚れが落ちたら乾いた布を軽く当てて水分や洗剤の残りを拭き取り、自然乾燥させればOKです。

ソファのシミ抜きやクリーニングの方法

ソファに目立つ汚れが付着したときには、布製品用のシミ取りクリーナーやプロテクターを使って落としていきましょう。
布製品用のプロテクターを使えば、ソファに汚れがつきにくくなり安心です。
布カバーが取り外せるタイプのソファならば、汚れが気になったときにカバーだけを外して洗濯できます。
カバーが外せないタイプのソファの場合、汚れを防ぐためにソファ用のカバーを用意してかぶせるのもおすすめです。

 


掃除機の買い替えサインをチェックしよう

 

室内の雰囲気に合わせて購入したソファは、愛着がありますし長く使いたいですよね。
布製のソファの汚れを防ぐためのお手入れテクニックをマスターしておけば、お気に入りのソファを末永く愛用できますよ。
ソファの汚れが気になったときにはサッとお手入れをして、いつでも清潔に使えるようにしましょう。