寒い冬はお家でお鍋を楽しもう! 節約になる一人鍋レシピ5つ

寒い日が続くと、アツアツのお鍋を食べたくなりますよね。でも、暖房費など何かとお金のかかる季節……なるべく食費を抑えて節約をしたいと考える方が多いでしょう。
そんな方にこそぜひおすすめしたいのが、寒い冬にぴったりの節約鍋レシピです。
今回はお財布に優しくて、しかも簡単にできる鍋レシピを5つご紹介します。一人でもあつあつの美味しいお鍋を堪能しましょう。

安くて栄養たっぷり! にんにくニラもやし鍋

1. 芽を取ったにんにく1〜2片を輪切りにスライスする
2. ニラ半束を5cm幅にカットする
3. 油揚げ1〜2枚をキッチンペーパーに包み600Wのレンジで1分程度加熱し、5cm幅にカットする
4. ごま油大さじ1/2、にんにくを鍋に入れ、中火で香りが出るまで炒める
5. 香りが出てきたら、洗ったもやし、油揚げ、ニラを順に重ねる
6. 水300g、鶏がらスープの素大さじ1、しょうゆ小さじ1/2、お好みでとうがらしを入れる
7. フタをして中火で加熱をし、火が通ったら完成
※ おろしにんにくを入れた溶き卵につけて食べるのがおすすめですよ。

驚くほど簡単! 白菜と豚肉のミルフィーユ鍋<

1. 白菜を5cm程度にカットし、鍋につめる
※ 鍋は白菜がキツキツに入るくらいの大きさのものがよいでしょう。
2. 白菜と白菜の間に豚の切り落とし肉100g程度を挟み、塩少々を振る
3. 2の鍋にしょうがを適量散らし、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、みりん大さじ1/2、ごま油小さじ1/2をまわしかける
4. フタをして中弱火で蒸し煮し、湯気が立ったら火を止める
5. 4~5分蒸らしたら完成

女性にうれしい、ヘルシー豆乳鍋

1. 小松菜は根元を落として3cmの長さに切る
2. えのきは根元を取ってから、食べやすい大きさに手でほぐしておく
3. 土鍋の下に昆布を敷き、食べやすい大きさに切った豆腐と小松菜、えのきをのせる
4. 3の鍋に無調整豆乳100cc、水100cc、ごま油小さじ1/2、一味唐辛子少々を混ぜ合わせたものを注ぎ、中火にかける
5. 煮立ってきたら弱火にして5分煮ると完成
※ 食べる時は汁ごと器によそって、お好みで炒り白ゴマ・しょうゆ・レモン汁をかけていただきます。レモン汁をかけると、豆乳が少し固まって湯葉のようになり美味しいですよ。

ほっこり温まる、じゃがいもキャベツの塩バター鍋<

1. じゃがいもはよく洗い、皮付きのままレンジで片面を4分ずつ(計8分)加熱する
2. 1を熱いうちに皮を剥き、半分に切る
3. キャベツ1/4個は芯を残したまま3等分にカットする
4. カットした野菜を鍋に並べ、そこに水1カップ、酒1/2カップ、鶏ガラスープの素大さじ1/2を加える
5. フタをして加熱する
6. 火が通ったらそこに豚薄切り肉100gを加える
7. 食べる直前にバター10gを加え、お好みでブラックペッパーを挽いたら完成

シメまで美味しい! ピリ辛風味の坦々鍋<

 
シメまで美味しい! ピリ辛風味の坦々鍋
 

1. ホウレンソウは茹でて、食べやすい大きさにカットする
2. もやしは2cmぐらいに細かく切っておく
3. 鍋に水300cc、味噌大さじ2、酒大さじ1.5、ウェイバー大さじ1、練りゴマ大さじ1、豆板醤・コチュジャン各小さじ1/2を入れ、鍋つゆを作る
4. 鍋つゆが沸騰してきたら、塩コショウをした豚ひき肉60gを入れる
5. ひき肉に火が通ったらもやしと、その他お好みで厚揚げやニンジンなど具材を入れる
6. フタをして煮る
7. 最後にホウレンソウを入れ、後は余熱であたため完成
※ シメには中華麺を入れてコクのある絶品ピリ辛坦々麺に。スープまでお腹いっぱい堪能してください。

寒い冬には、お財布がピンチのときでも楽しめる、節約カンタン鍋はいかがですか? 一人で食べきれない時には翌朝の朝食にもおすすめですよ。