毛玉だらけのニットがキレイになる。3つの毛玉取り方法

ニットは素材の性質上、毛玉ができやすいもの。
毛玉ができると、それだけで何だかみすぼらしい印象になってしまいますよね。
でも大丈夫、ニットにできた毛玉は、意外と簡単な方法で取り除くことができます。お気に入りのニットを蘇らせるために、毛玉取りの方法をコツや注意点とあわせてご紹介しましょう。

ニットの毛玉を取る方法①:T字カミソリを使用する

ニットについた毛玉は、ひげ剃りなどに使うT字カミソリを使って取り除くことができます。
まずニットを平らな場所に起き、毛玉ができている部分にT字カミソリのヘッドを滑らせましょう。
力を入れると生地に穴が開いてしまうので、表面を優しく撫でることがポイントです。

肌にあてるときと同じように刃を優しく滑らせると、毛玉だけを刈り取ることができますよ。
ただし、切れ味の悪いカミソリを使うと毛玉が上手く取れないうえに、生地に負担をかけてしまいます。
できるだけ切れ味の良いカミソリを使うようにしましょう。

ニットの毛玉を取る方法②:小さなハサミを使用する

毛玉の数が少ないようであれば、ハサミで1つ1つカットしてもいいでしょう。

大きなハサミより、眉毛用などの小さなハサミのほうが切りやすくておすすめです。
ただし、ハサミの刃が生地に入ると、衣類に大きな穴が開いてしまいます。

カミソリを使うときと同じようにニットを平らな場所に置き、ハサミの刃を生地の表面に沿わせながら、目をそらさずに慎重にカットすることが大切です。
ハサミで切り取った毛玉は散らばりやすいので、仕上げに粘着式のカーペットクリーナーなどで取り除きましょう。

ニットの毛玉を取る方法③:電動の毛玉取り機を使用する

毛玉取り機とは、電動のカッターが内蔵された毛玉取り専用のアイテムのこと。

小さな穴の開いたヘッドを生地に滑らせるだけで、素早く簡単に毛玉を取り除くことができます。
カミソリやハサミより時間がかかりませんから、毛玉ができている範囲が広いとき、毛玉を取り除きたい衣類が多いときは、毛玉取り機を1つ手に入れることをおすすめします。

ただし、毛玉取り機も強く押し当てて使用すると、内部のカッターで生地が切れてしまいます。
大切なニットが傷つかないように、表面に優しく滑らせましょう。

 


低温記号の衣類にはスチームアイロンを離して使う

 

以上、ニットの毛玉を取る方法を3つご紹介しました。
大切なニットはできるだけキレイな状態で、長く着続けたいですよね。上記のような方法で慎重に毛玉を取り除いて、どこから見られても自信が持てるおしゃれを楽しみましょう。