テレビ画面に付着する「ホコリの予防法」と「キレイにするお掃除術」
静電気を発する性質があるテレビは、ホコリがつきやすいです。気がつくと、テレビ画面やテレビ台周辺がホコリまみれになっていることは珍しくありません。
テレビのホコリを上手に掃除する方法や、ホコリの予防法を知っておきましょう。

 

テレビ画面を拭くときのポイント

テレビ画面は意外と傷つきやすいので、掃除するときに固い布を使うのは避けるようにしましょう。画面を拭くときには柔らかい布や繊維の細かいクリーニングクロスを使い、優しく拭き上げるようにてください。

画面はカラ拭きでも良いのですが、テレビ周辺が乾燥すると静電気によるホコリの付着が起こりやすくなります。静電気が発生している場合や汚れが気になる場合には、サッと画面を水拭きしておきましょう。
水拭きするときには柔らかい布をしっかり絞って使います。ゆるく絞った布で拭くと水滴が残ってしまい、傷みやテレビの故障につながることもあるので注意してください。

 

ハンディモップでこまめに掃除する

テレビ画面に付着する「ホコリの予防法」と「キレイにするお掃除術」
ホコリが溜まる前に、ハンディモップで掃除する習慣をつけることも大切です。テレビの裏側など、テレビ周辺の目立たない所に柔らかいハンディモップを用意しておけば、いつでもサッと取り出せます。

テレビの周辺に静電気が発生すると、ホコリはどんどん付着してしまいます。最近は、静電気を除去できるハンディモップも市販されているのでぜひ活用してみましょう。
1本用意しておけばテレビ画面だけでなく、コードがゴチャゴチャしてしまいがちなテレビの裏側や、パソコン周辺の掃除などにも使えて便利です。

 

柔軟剤を活用して静電気を防ぐ

静電気を防ぐ効果がある柔軟剤を、テレビ画面やテレビまわりを拭き上げるときに活用するのもおすすめです。

まず、テレビ周辺のホコリをハンディモップなどで除去します。
次に、静電気防止効果のある柔軟剤を用意し、水で10倍程度に薄めましょう。この液に布巾や使い古しの布を浸けてから固く絞り、拭き掃除をしていきます。
ホコリを寄せ付けにくくなる効果はしばらく持続するので、定期的に柔軟剤を使って拭き上げておくと良いでしょう。
香りの良い柔軟剤を使って掃除すれば、お部屋がより快適な空間に変わります。

テレビ画面やその周辺を掃除するときには、ただ拭くのではなく静電気を除去する工夫をするのが効果的です。静電気除去効果のあるハンディモップや、柔軟剤を薄めた液での拭き上げなど、静電気を除去する工夫をぜひ試してみましょう。
これらの方法で、大切なテレビを長くキレイに使ってください。