焦げや油汚れもスッキリ! IHコンロを清潔に保つためのお手入れ方法
IHコンロには凹凸がないため掃除がとても簡単ですが、平面だからこそ少しでも汚れを放置してしまうと目立ちやすいという特徴があります。
IHコンロをいつでも清潔な状態にしておくためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか? 今回は、IHコンロの正しいお手入れ方法について紹介します。

 

IHコンロの汚れはその日のうちに落とす

「IHコンロは汚れが落としやすいから大丈夫」と、ついつい掃除をサボってしまう人もいるかもしれません。しかし、油ハネなどの汚れは蓄積すると拭いてもなかなか落とせなくなってしまうことがあるので注意が必要です。
日々のお手入れなら、絞った布巾で拭き上げるだけでも十分です。揚げ物などをして油汚れがあるときには、中性洗剤を混ぜた水で布巾を絞ってから拭き上げると良いでしょう。
また、IHコンロの吸排気口とカバーも、目詰まりを防ぐために取り外して洗っておくようにしましょう。

 

IHコンロの近くにお掃除スプレーを常備

お掃除用のスプレーをコンロの近くに用意しておくのもおすすめです。汚れが気になったときにシュッと吹き付けてから拭き上げれば、しつこい汚れも簡単に落とせます。
スプレーは市販のものでもOKですが、重曹やセスキ炭酸ソーダを少量水に溶かしたお手製のお掃除スプレーを作っておいてもよいでしょう。なかなか落ちないしつこい汚れがあるときには、スプレーを吹きかけてからラップを貼り付けてしばらく置き、染み込ませてから拭き上げれば、綺麗に汚れが落とせますよ。

 

落としにくい汚れや焦げつきのお手入れ方法

IHコンロに焦げつきが付着して茶色っぽく変色してしまうことがあります。こういった焦げ汚れは拭いてもなかなか綺麗にならず、放置しているとどんどん蓄積して落ちにくくなってしまうので気をつけたいもの。
しつこい汚れにはクリームクレンザーを塗りつけ、しばらく染み込ませておきましょう。次に、ラップをくしゃくしゃに丸めてクレンザーをこすっていきます。こうすれば焦げ汚れが浮き上がりやすく、効率的に掃除できますよ。あとは濡れ布巾でクレンザーを拭き取り、水拭きで仕上げておきましょう。
ただし、IHコンロの掃除に粉末タイプのクレンザーを使うと傷の原因となることもあるので、必ずクリームタイプのクレンザーを使ってください。

 

グリルのお手入れも忘れないようにしよう

IHコンロだけでなく、グリル部分のお手入れも忘れずに。
グリルはきちんとお手入れをしておかないと、どんどん油汚れが溜まるうえ、イヤな臭いも発しやすくなります。
グリルを使用した後はすぐに本体から取り外して洗剤で洗い、乾かしておきましょう。水を入れて使用するタイプのグリルには、使用前に片栗粉を大さじ4杯ほど入れておくと、使用後しばらくで水が固まります。こうすると掃除がしやすく、簡単に洗えるのでおすすめです。

 

グリルのお手入れも忘れないようにしよう

IHコンロの汚れを防ぐためには、毎日サッと拭き上げるお手入れを欠かさないことがなによりも大切です。汚れが蓄積してしまうと見た目が悪くなるだけでなく、IHコンロの性能が落ちてしまうこともあるので、こまめに掃除して綺麗にしておきたいですね。