ハンガーにかけたままシワ取り! 便利なスチームアイロンの使い方

ワイシャツなどの衣類のシワを取り除くにはアイロンがけが必要ですが、アイロン台を出すのって意外と面倒ですよね。
また、アイロンがけに慣れていないと、シワが上手く取れないことも多いもの。
そこで今回は、衣類をハンガーにかけたまま簡単にシワ取りができる「スチームアイロン」の機能や使い方をご紹介します。
アイロンがけが苦手な人、いつでもパリッと美しい服で出かけたい人、要チェックです!

スチームアイロンの機能・特徴

シワを伸ばす

スチームアイロンは、強力な蒸気でシワを伸ばす家電製品です。
最近では通常のアイロンにもスチーム機能が付いていますが、スチームアイロンは通常のアイロンより強く安定した蒸気が出る仕組みになっているため、衣類をハンガーにかけたまま、シワを簡単に取り除くことができます。
衣類を潰さずにシワ取りができますから、ふっくらと仕上げたいウール素材のセーターやコートにも最適です。

消臭・除菌効果

スチームアイロンを使うと、衣類についたニオイを取り除くことができます。飲食物、タバコ、汗、防虫剤などのニオイが気になるときにおすすめです。
また、アイロン面を衣類に密着させて使用することで、除菌効果も期待できます。
(衣類の種類によっては、密着させられないものもあります。)

スチームアイロンの使い方

STEP①:衣類をハンガーにかけて固定する

衣類をハンガーにかけて、ハンガーが動かない場所にセットします。
このときに使用するハンガーは、滑り止めがついたものがおすすめです。

STEP②:衣類の端を引っ張りながらスチームをあてる

衣類の端を軽く引っ張りながら、スチームアイロンをあてます。
シワを伸ばすときは、スチームをゆっくりあてることがポイントです。
10cmの距離を、約3秒で移動するようなイメージで動かしましょう。

STEP③:衣類の水分を蒸発させる

スチームをあてたあとは、衣類に水分が含まれています。
着る前や片付ける前に、5分ほど放置して水分を蒸発させましょう。

スチームアイロンを使う際の注意点

アイロン不可の衣類には使用しない

スチームアイロンを使う前にまず、衣類の洗濯表示をチェックしましょう。
アイロンにバツがついたマークがある場合は「アイロン不可」という意味ですので、スチームアイロンも使わないようにしましょう。

低温記号の衣類にはスチームアイロンを離して使う

アイロンの絵表示が低温記号の衣類は、シルク、ウール、カシミヤ、アクリルなど、比較的熱に弱い素材を使用しています。
低温記号が記載されていたら、スチームアイロンを衣類から離した状態で使用しましょう。

 


低温記号の衣類にはスチームアイロンを離して使う

 

スチームアイロンを使うと、衣類の気になるシワを効率良く伸ばすことができます。
家事の時間短縮のために、そして大切な衣類をキレイに着こなすために、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。