一人暮らしの家にも「キッチンマット」を敷くメリット6つ
一人暮らしの場合、部屋が狭くなってしまうからとキッチンマットを敷かない方もいるでしょう。
キッチンマットといえば、オシャレのために敷くものというイメージもありますが、実は敷くことで得られるメリットがたくさん。
キッチンマットを敷くと、一体どんなメリットがあるのでしょうか?
今回は、キッチンマットを敷いたときのメリットを6つご紹介します。

 

キッチンマットを敷いたときのメリット6つ

1.汚れを防ぐことができる
料理をしていると、うっかり油や調味料などをこぼしてしまうこともあるでしょう。
また、食器を洗ったときに水や泡などが飛び散ってしまうことも多いものです。
洗濯機で丸洗いできるキッチンマットを敷いておけば、汚れてしまった場合にもサッと洗えて清潔です。

 

2.食器が割れにくい
キッチンマットの種類によっては衝撃を吸収してくれるものもあるので、食器を落としても割れにくいというメリットも。
お皿やグラスを万一直接フローリングに落としてしまうと、大切な食器が割れてしまうこともあります。キッチンマットを敷いておけば、手が滑って食器を落としてしまったときにも安心です。

 

3.床を保護してくれる
キッチンマットには、床材を保護してくれるといううれしいメリットもあります。
床に食器類やキッチングッズなどの固いものを落としてしまうと、床にキズやへこみができてしまうこともあります。万が一、なにかを落としてしまっても、キッチンマットがあれば床が傷つきにくくなるのです。

 

4.足元が冷えにくい
冬場のキッチンは、足元が冷えてしまいがち。あまりの寒さについつい料理がおっくうになってしまうという方もいるでしょう。
しかし、キッチンマットがあれば床の冷たさを直接感じずに済むというメリットがあり、とても快適。素足のままでも快適にキッチンに立つことができるでしょう。

 

5.足元が疲れにくい
煮込み料理や下処理が必要な料理に挑戦する場合、キッチンに立つ時間が長くなるため足が疲れてしまうこともあります。
しかし、フワフワと柔らかいキッチンマットを敷くことで、足や腰にかかる負担を軽減してくれるといううれしいメリットが。キッチンマットを敷くだけで、調理中の疲労を軽減することもできますよ。

 

6.室内が華やかになる
せっかくキッチンマットを敷くのなら、キッチンの雰囲気を明るくしてくれるようなデザインのものを選んでみましょう。目を引くデザインのキッチンマットがひとつあるだけで、室内はグッと華やかになります。
ルームコーディネートのひとつとして、キッチンの床に素敵なキッチンマットを配置してみてくださいね。

 

一人暮らしの家にも「キッチンマット」を敷くメリット6つ

キッチンマットには意外なメリットがたくさんあるため、今まで敷いていなかった方はぜひ取り入れてみましょう。一人暮らしのキッチンに素敵なキッチンマットを敷けば、毎日の食事の準備も充実したひとときとなることでしょう。