【冬のお悩み】洗濯物を早く乾かすためには? 賢い乾かし方4つ
気温が低く、日照時間が短い冬は洗濯物が乾きにくい季節です。雨や雪が降ると、さらに洗濯物が溜まってしまいます。
その上、洗濯物の洋服はセーターやパーカーなどの厚手のものが増えるため、さらに乾きづらくなります。
多くの人が悩む冬の洗濯物ですが、早く乾かすための「乾かし方のコツ」はあるのでしょうか。

 

今回は、冬の洗濯物の賢い乾かし方を4つご紹介します。

 

冬の洗濯物を賢く乾かす! おすすめの乾かし方4つ

 

1. エアコンの暖房を使う
洗濯物を暖房の効いた部屋に干せば、効率的に乾かすことができます。
エアコンの風の吹き出し口の近くなど、温風の当たりやすい場所に洗濯物を干してみましょう。
温かい空気は高いところに、湿気は低いところに溜まりやすいので、洗濯物を高い位置に干すのもポイントです。
濡れた洗濯物を部屋干しすることで、冬の乾燥を防ぐこともできるため一石二鳥です。

 

2. アイロンを掛けてから干す
洗濯物を干す前にアイロンを掛けることで、衣類に含まれる水分を蒸発させることができます。
アイロンを掛けたあとに干せば、洗濯物が短時間でも乾きやすくなりますよ。
また、あらかじめ高温のアイロンをあてて熱に弱い雑菌を死滅させておくことで、イヤな部屋干し臭を防ぐこともできます。

 

3. 浴室(バスルーム)に干す
お風呂場はカビ防止のため、湿気を逃しやすい構造になっています。換気扇を回したり窓を開けたりした状態で洗濯物を干すと、意外と短時間で乾かすことができますよ。
とはいえ、お風呂上がりの湿気だらけのバスルームに洗濯物を干すのはNG。
あらかじめ換気して湿度を下げた状態のバスルームに洗濯物を干すようにしましょう。
バスルームに干せば洗濯物がジャマにならないので、急な来客があったときにも安心です。

 

4. ドライヤーを使った裏ワザ
子どもが学校で使用する体操服やジャージなど、すぐに必要な服がある場合にはドライヤーを使って乾かすという方法もあります。
ビニール袋の角部分を2ヶ所ハサミで切り落とし、乾かしたい服を袋の中に入れ、あとは袋の中に温風をあてていきましょう。
洗濯物の素材や厚み、大きさにもよりますが、軽く揺すりながら5~10分程度ドライヤーをあてれば、洗濯物がカラッと乾きます。

 

タオルケットで寝る女性

 

自宅でサッと洗濯物を乾かすコツを知っておけば、いざというときに役に立ちます。
冬場の洗濯物を効率的に乾かすための方法はいろいろあるので、ご自身に合った方法をぜひ試してみてくださいね。