コーヒーメーカーの寿命と長く使うコツ
家電製品はできる限り長く使い続けたいものですが、どんな家電製品でも遅かれ早かれ劣化が進行し寿命が訪れてしまうものです。ここ最近、家庭の定番家具となっているコーヒーメーカーも例外ではありません。
一体コーヒーメーカーの寿命は、どれぐらいなのでしょうか。
コーヒーメーカーの寿命の目安を紹介しながら、長持ちさせるコツをご説明していきます。

 

コーヒーメーカーの寿命はどれくらい?

コーヒーメーカーを毎日何回も使う家庭もあれば、1週間に1回しか使わない家庭もあるでしょう。コーヒーメーカーの使用頻度により左右されますが、一般的に寿命はだいたい「5年程度」だと考えられています。
製品が販売されてから5年間はメーカー側が補修するための部品を持っていることからも、5年という寿命は妥当といえるでしょう。

 

5年の保証期間が過ぎた後に修理に出したり、部品を購入したりしようとするとお金がかかります。価格帯の安いコーヒーメーカーは、修理するよりも買い替えた方が割りの良いケースも少なくありません。

 

今使っているコーヒーメーカーが壊れた際は、商品購入時の価格と修理費用、新しいコーヒーメーカーの購入費用をチェックして、今の製品を使い続けるかどうかを検討するのが良いでしょう。

 

コーヒーメーカーの劣化サイン

コーヒーメーカーで作ったコーヒーが「ぬるい」と感じるようになったら、コーヒーメーカーが劣化したサインの可能性があります。一般的にコーヒーメーカーでは90度前後のお湯を使ってコーヒーを作っているため、ヒーター部分の浸水など何らかの影響で温かいコーヒーが作れなくなっている恐れがあるのです。

 

コーヒーメーカーを長持ちさせるコツ

コーヒーメーカーの寿命と長く使うコツ

前述した劣化サインが見られるようになった場合は、修理が必要となることが多いです。

 

ただし、なかには劣化サインではなくメンテナンス不足により、美味しいコーヒーが作れなくなっている場合もあります。特に多い不具合が「目詰まりでポンプが作動しない」といった場合です。
コーヒーメーカーの給水口にコーヒーの粉が詰まってしまうと、ポンプが作動しなくなってしまいます。月1回は、給水部分を洗うようにしてください。

 

さらにコーヒーメーカーを長く快適な状態で使うためにも、コーヒーをセットする際は給水口のフタをしっかりと閉めるようにしましょう。また、空気が乾燥している時はコーヒーの薄皮が飛散しやすいため、水を入れる時はしっかり粉をセットする部分を閉めてください。
また、粉をセットする際は水を入れる部分を閉めるだけでも十分に効果があります。

 

ここで紹介した方法を取り入れれば劣化を確実に防げるわけではありませんが、よくある故障を発生するリスクを軽減させることはできます。
コーヒーメーカーを長く使えるよう、日々正しい使い方やメンテナンスを心がけるようにしてください。