可能性は無限大!「卵焼き器」のアレンジレシピ&活用方法5選
だし巻き卵や卵焼きを作るときにとても便利な、卵焼き用フライパン。
四角くて少し小さめの形状が特徴的な卵焼き器は、卵料理以外にもさまざまなレシピに活用することができます。
今回は、卵焼き器を使ったアレンジレシピと活用方法をあわせて5つ厳選してご紹介いたします。

 

卵焼き器を有効活用! アレンジレシピ&活用方法5選

1.四角いたこ焼きが楽しめる「カクたこ」
ネットで話題の「カクたこ」は、卵焼き器で作る四角いたこ焼きのこと。
たこ焼き粉(40ml)・水(160ml)・卵(1個)をボウルに入れて混ぜ、卵焼き器に流し入れます。その上にタコと、ネギや天かすや紅しょうがなどをお好みで入れ、2分焼いたら半分に折り返しましょう。
あとは両面に焼き色がつくよう、ひっくり返しながらじっくりと焼き、中までしっかりと火を通せばOK。ソースやマヨネーズで味付けしておいしくいただきましょう。

 

2.卵焼き器で四角い形に挑戦!「チヂミ」「お好み焼き」
普段は丸く焼いているお好み焼きやチヂミも、卵焼き器を使えば四角く仕上がります。
もちろん味はほぼ一緒ですが四角く作れば均等に切り分けやすいというメリットがあり、普段とは違った盛りつけで新鮮さを得ることができます。
卵焼き器を使って、お手軽に粉モノ料理を楽しんでみましょう。

 

3.ふんわりおいしい「伊達巻」
白はんぺん(100g)・卵(4個)・砂糖とみりん(各大さじ1)・めんつゆ(小さじ1)をフードプロセッサーにかけます。これを卵焼き器に流し込み、アルミホイルで覆ったら弱火で約10~15分間焼きましょう。
焦げないように注意しながら様子を見て、きつね色に焼けたら巻き簾に乗せてぐるりと巻きます。くるくると丸めて筒状になったら輪ゴムを巻き付け、筒状のまま冷めるまで放置します。冷めたら巻き簾を取り、好みの厚さに切りましょう。
卵焼き器の四角いフライパンなら形が整えやすいため、上手に伊達巻を作ることができますよ。

 

4.ホットケーキミックスで簡単「バームクーヘン」
おかず作りだけでなく、デザート作りにも卵焼き器が活用できます。
ホットケーキミックス(100g)・牛乳(150cc)・卵(1個)を混ぜて生地をつくり、あとは卵焼きを作るときと同じように卵焼き器で焼いていくだけ。
生地を流し込むときには、火が通りやすいように少量ずつに分けるのがポイントです。クルクルと巻いたらさらに生地を足し、卵焼きの要領で層になるように巻いていきましょう。

 

5.レトルトパウチの湯煎にも!
レトルト食品のパウチを湯煎で温めるときにも卵焼き器が大活躍!
卵焼き器でお湯を沸かして湯煎をすれば、短時間でレトルトパウチを温めることができます。ただし、卵焼き器を使う際には、レトルトパウチがおさまるサイズであることを確認した上で試してくださいね。

 

可能性は無限大!「卵焼き器」のアレンジレシピ&活用方法5選

卵焼き器を上手に活用すれば、おかずやスイーツなどさまざまな料理を楽しく作ることができます。また、湯煎や少量の炒め物を小さな卵焼き器で行うことで、エコにもつながります。卵焼き器ならではのサイズや形を活用して、オリジナル料理にチャレンジしてみましょう!