冷蔵庫の中で霜が巨大化! 冷蔵庫内の簡単な霜取りテクニックとは? 

冷蔵庫を使い続けていると、庫内に霜が溜まることがあります。
霜を放置しているとガチガチに固まって巨大化し、取り外せなくなってしまうので気をつけたいですね。
しかし冷蔵庫の内部にはなぜ霜がついてしまうのでしょうか?
今回は冷蔵庫に霜ができる原因と、巨大化した霜を簡単に取るための方法について紹介します。

冷蔵庫内に霜がつく原因とは?

冷蔵庫には、庫内の壁が冷える直冷式と、ファンで冷気を送り込むファン式のものがあります。
ファン式の冷蔵庫には自動霜取り機能がついており、霜が蓄積することはほとんどありません。

しかし、直冷式の冷蔵庫は油断しているとどんどん霜が溜まっていくので、注意したいものです。
冷蔵庫を開閉すると空気が冷蔵庫内に入り、庫内の温度差で結露ができます。
これが冷蔵庫内で冷やされると、凍りついて霜になります。
冷蔵庫を長時間開けっぱなしにしたり、庫内に食品を詰めすぎてドアがうまく閉まっていなかったりすると、霜は発生しやすくなるものです。

また、冷蔵庫のゴムパッキンの傷みや、冷蔵庫の冷却機能の劣化が霜の原因になることもあります。

冷蔵庫内の霜取りをしないとどうなる?

冷蔵庫内の霜を放置すると、霜はどんどん大きくなって庫内を圧迫してしまいます。
すると霜が邪魔になって冷蔵庫に食品を入れられなくなることも。

また、霜が冷風の吹き出し口をふさいでしまった場合、庫内が冷えにくくなります。
霜取りをせずに放置すると、最悪の場合冷蔵庫が故障してしまう可能性も考えられます。
霜が大きくなってしまう前に霜取りをしておけば、冷蔵庫を快適に使用できますね。

冷蔵庫内の簡単な霜取り方法は?

冷蔵庫に「霜取りモード」「除霜モード」があるのなら、これをセットすれば自動で霜取りをしてくれます。
こういった機能がない冷蔵庫の最も簡単な霜取りの方法は、電源を切って扉を開け、しばらく置くことです。
ただし、電源を切っている間は当然ながら冷蔵庫が使えません。

また、溶けた霜が冷蔵庫のまわりに水たまりを作ってしまうこともあるので、霜取りをするときには冷蔵庫のまわりにタオルなどを敷いておくとよいでしょう。

冷蔵庫の霜は温めて取るのがおすすめ

冷蔵庫の霜取りをする前に、庫内の食品を全て出しましょう。
霜が少量の場合は、お湯で絞ったタオルで庫内を拭き上げればOKです。
霜が大きい場合には、庫内にドライヤーの温風を当てて霜取りをします。霜が溶けてきたら、柔らかいヘラなどを使って霜を落としていきましょう。

このとき、アイスピックやドライバーなど固くとがったもので霜取りをするのはNGです。
冷蔵庫内を傷つけてしまうだけでなく、冷蔵庫の冷媒パイプなどが破損して冷蔵庫の故障につながるおそれもあります。

 
4. 仕事に「ポモドーロ・テクニック」を取り入れる
 

冷蔵庫の霜取りをすれば庫内にスペースができ、食品もしっかりと冷やすことができるなど良いことずくめです。
快適に冷蔵庫を使うためにも、冷蔵庫内の霜を効率的に除去するテクニックをぜひ試してみてくださいね。