ちゃんとつけてる? 窓にレースカーテンが必要な理由4つ

外からの視線や日差し、紫外線などを遮ってくれるカーテンはどの家庭にも必要なものといえます。
ブラインドや障子などを使っているという場合以外、ほとんどの方が布製のカーテンを使用しているでしょう。

しかし、カーテンの外側に取り入れるレースカーテンもきちんと取り付けていますか?
レースカーテンのことを「部屋のオシャレのためのアイテム」と思っている方もいるかもしれませんが、実はきちんとした役割があるのです。一体どのような役割を持っているのか、レースカーテンが必要な理由として見ていきましょう。

窓にレースカーテンを取り付けるべき理由4つ

1. 日中に部屋に差し込む光を調節する

太陽が空に昇っている時間帯は、なるべく部屋の電気を使わずに自然の明るさで過ごしたいという方は多いはず。
そんなときに役立ってくれるのがレースカーテンです。
レースカーテンは透過性が高いため日差しの明るさを自然に取り込み、部屋に明るさをもたらしてくれるのです。
レースカーテンはほどよく透け感もあるので、外の風景を一切シャットアウトするということもなく、開放感を与えてくれるのも魅力です。

2. 外からの視線ブロック&防犯対策になる

レースカーテンは室内からだと透け感があって外の様子が見られるのに対し、外側からは見えづらい構造になっています。
つまり、レースカーテンを閉めておけば、外からの視線をカットすることができるのです。
これにより、人通りが多い場所に家がある方やお隣の家との距離が近い方、1人暮らしの女性でも安心して厚手のカーテンを開けることができます。
外からの視線をカットするということは、空き巣や泥棒などの防犯対策にもつながります。

3. 紫外線対策になる

紫外線が強い春夏の季節は、室内の中にいても日差しを浴びると日焼けしてしまいます。
とはいえ、1日中家にいるのにわざわざ日焼け止めを塗るのは面倒ですよね。
こんなときにもレースカーテンが役立ってくれます。
レースカーテンの中には紫外線カット効果を兼ね備えているものもあるため、気になる日差しをカットしてくれるのです。
日焼けが気になる方や、肌が弱い小さなお子さまがいる家庭では、レースカーテンが必須といえます。

4. 家具やカーテンの日焼けを防ぐ

紫外線は人々の肌だけでなく、家具や床、壁、なども日焼けさせます。
家具などが日焼けをすると、色あせのように変色してしまうため購入時の風合いが損なわれてしまうのです。
これを防ぐためにも、紫外線カット効果のあるレースカーテンの使用が必須です。
 
また、家具だけでなくカーテン自体も日焼けをするため要注意。レースカーテンは安価なものが多いですが、厚手のドレープカーテンは高額であることが多いもの。
とくにオーダーメイドなどで作ったカーテンは数万円から数十万円することもあるでしょう。
そんな大切なカーテンも紫外線によって日焼けをして変色をする可能性があります。
そんなトラブルを防ぐためにも、カーテンの外側にレースカーテンを取り付けることは必須なのです。

 
4. 家具やカーテンの日焼けを防ぐ
 

レースカーテンの役割を挙げていくと意外にもたくさんあり、さらに必要性が高いことがわかりました。
まだレースカーテンを取り付けていないという方は、いち早く取り付けることをおすすめします。