布団がふかふかの仕上がりに! 簡単・便利な「布団乾燥機」の使い方

普段ベランダなどで布団を干す人は多いでしょう。
しかし花粉の時期や梅雨の時期など、外干しがためらわれる時期は困ってしまいますよね。
そんなときにあると便利なのが、布団乾燥機です。
部屋の中でいつでも簡単に布団内の湿気を飛ばせますし、使ったあとはふかふかの布団で寝ることができます。
今回は布団乾燥機を使うメリットや、使い方についてご紹介します!

 

布団乾燥機の役割や効果・メリットは?

布団の湿気を取って乾燥させる

布団乾燥機は温風で布団の湿気を取り、乾燥させることができます。
ポリエステルなどの中綿を使用した普通の布団はもちろん、羽毛布団に使うと湿気でペタンとつぶれてしまった羽根も元通りのふわふわな状態に戻ります。

布団を温めてくれる

布団乾燥機は寒い冬にも大活躍します。
寝る前に布団乾燥機を布団にセットし、10分ほど温めておきます。
ポカポカの温かい布団で気持ちよく眠ることができますので、寒がりの人にもおすすめです。

ダニ対策になる

布団に潜んでいる「ダニ」は熱に弱く、布団乾燥機を使って退治することができます。
布団乾燥機によってはダニ退治コースなどが設定されているものもありますので、うまく活用してみましょう。
また、ダニ退治をしたあとは掃除機で吸い取るとダニの死骸も取り除けて、より効果的に駆除することができます。

靴の乾燥&洗濯物を早く乾かすことに利用できる

靴乾燥用のアタッチメントが付いている布団乾燥機を使えば、靴を乾燥させることができます。
つま先まで乾かしにくいブーツや長靴などを乾燥させられるので梅雨の時期や冬場などに重宝しますよ。
さらに、布団乾燥機から出る温かく乾いた空気を室内干しの衣類に向ければ、早く乾かすことができるでしょう。
機種によっては洗濯物専用モードが用意されているものもありますので、うまく使ってみてくださいね。

布団乾燥機の使い方・お手入れ方法を知ろう

布団乾燥機は天候や花粉などに左右されず、部屋の中でいつでも手軽に布団を乾燥させることができます。
以前は、マットに温風を送って布団を乾燥させるタイプが主流でしたが、最近では敷布団やマットレスと掛け布団の間にホースを設置するだけで使用できる、ホース式のタイプが人気です。

・使い方
使い方はとてもシンプルです。敷布団の上にホースを伸ばし、掛け布団を隙間が空かないように気をつけながら上に掛けます。
それから布団乾燥機のスイッチをオンにして、終了まで待ちましょう。
ベッドの場合も同様にして、マットレスと掛け布団の間にセットして使用します。
使い終わったら、ホースを戻して片付けましょう。

・お手入れ方法
何度か使用していくと、カバーやエアフィルターがホコリで目詰まりを起こすことがあります。
そのまま使用すると布団乾燥機のパワーが低下したり、故障の原因になったりしますので、
月1回程度を目安に、カバーやエアフィルターに付着したホコリを掃除機で吸い取るようにしましょう。

布団乾燥機を上手に利用して、いつでもふかふかの布団に

布団乾燥機を上手に利用して、いつでもふかふかの布団に

布団乾燥機は、お仕事などで不在が多く、なかなか外干しできない……といった場合も活躍してくれますので、共働きのご家庭や一人暮らしの方にもおすすめですよ。布団の湿気はニオイやカビ、ダニの繁殖などのトラブルの元ですので、布団乾燥機を上手に使ってこまめに布団の湿気を取りましょう。