極上のコーヒーを楽しもう! コーヒーメーカーの基本的なお手入れ方法

コーヒーメーカーは、美味しいコーヒーを手軽に淹れられる嬉しいアイテムです。
しかし、コーヒーメーカーの掃除やお手入れが少し面倒に感じてしまう方もいるのではないでしょうか。
コーヒーメーカーが汚れているとコーヒーの風味が落ちてしまうため、きちんとお手入れをすることが肝心です。
そこで今回は、コーヒーメーカーのお手入れ方法について紹介します。

コーヒーメーカーは日頃のお手入れが大切

汚れたコーヒーメーカーを使い続けると、コーヒーを淹れたときの風味が落ちてしまいます。
コーヒーメーカーを使い続けるうちに、内部には細かいコーヒーの粉が溜まり、次第に酸化してこびりついてしまうのです。
また、コーヒーメーカーの隙間に水垢が溜まったり目詰まりが起きてしまったりすると、コーヒーメーカーが故障してしまうこともあります。
コーヒーメーカーを長く愛用して毎日おいしいコーヒーを飲むためには、定期的なお手入れが欠かせません。

コーヒーメーカーの正しい洗い方

コーヒーメーカーはパーツが分解できるようになっているので、使ったあとには綺麗に洗っておきましょう。
コーヒーメーカーを洗うときに洗剤を使うと、複雑な形になっている隙間に洗剤が残ってしまい、コーヒーの味を落としてしまうことがあります。
コーヒーメーカーは水かぬるま湯で洗うのみにとどめるのがベターです。
水垢の付着を防ぐためにきちんと水分を拭き取り、乾燥させることも大切です。

コーヒーメーカーの内部洗浄の方法

日頃のお手入れに加えて、コーヒーメーカーは定期的に内部洗浄しておきたいものです。
まずは給水タンクの容量いっぱいまで水を入れ、ここにクエン酸を少量入れて溶かしましょう。この状態で、コーヒー粉を入れずに5回程度ドリップしていきます。
最後にクエン酸の入っていない水をドリップすればOKです。この手順で洗浄をすれば、コーヒーメーカーの内側に溜まった汚れやぬめりを効果的に落とすことができますよ。

コーヒーメーカーを洗浄するときの注意点

コーヒーメーカーの内部洗浄に洗剤を使うのはNGです。クエン酸を使うか、市販されているコーヒーメーカー専用の洗浄剤で洗浄しましょう。
お酢を使って洗浄するという方法もありますが、お酢のツンとした臭いが残ってコーヒーの風味を損なうことがあるので、あまりおすすめできません。
コーヒーを毎日淹れる方なら1ヶ月に1回程度、頻繁に使わないという方はコーヒーを約40回淹れるごとにお手入れをしましょう。
常に美味しいコーヒーを飲むために、スケジュール帳やカレンダーに毎月の予定として書き込んでおくのがおすすめですよ。

 
4. 仕事に「ポモドーロ・テクニック」を取り入れる
 

せっかくコーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れるのなら、極上の風味を楽しみたいですよね。コーヒーメーカーのお手入れが行き届いていないと、コーヒーの味も落ちてしまうので気をつけたいものです。
日々のお手入れと定期的な内部洗浄をしておけば、美味しいコーヒーを飲みながら最高のリラックスタイムを過ごせますよ。